内祝いを渡す際のマナーなどを確認していきましょう

心を込めて

結婚内祝いのお返しマナー

男女

結婚内祝いとは?

結婚内祝いとは「結婚の喜びをお裾分け」するものとなっています。結婚式を開く際は祝儀が結婚祝いとなって、引き出物が結婚内祝いとなります。もちろん、引き出物とわけて結婚内祝いを贈っても特に問題はありません。しかしながら、あまり多くのものを贈ってしまうと、相手に気を遣わせてしまう場合があるので、ほどほどにしておいた方が良いでしょう。

渡す時期について

結婚内祝いのマナーに関して、気を付けないといけないのはお渡しする時期になります。結婚式を開いてから1カ月以内の郵送や手渡しを行なうのが一般的です。特に結婚祝いを戴いた方には漏れのないようにお返しを渡すことが重要です。また、結婚式を行なわない場合は結婚の報告をしてから、同様に1カ月以内に内祝いを渡すのがベストです。

結婚内祝いの渡し方

渡し方について、基本的には郵送や宅配で問題ありません。ただし、近所の方や親戚などの身内の方は直接渡した方が良いでしょう。なお、結婚内祝いを渡す際は夫婦そろって挨拶を行なうのがマナーとなります。渡す相手は、最近では結婚祝いを贈ってくれた相手に対して行なうのが一般的になっています。ですが、結婚祝いを頂いていない相手にも内祝いを贈っても大丈夫ですよ。

結婚内祝いの値段

価格の相場は立場や関係によって大きく変化するものになります。そういった意味では厳密に値段の設定は存在していません。一般的には結婚祝いで頂いた金額の「1/3程度」や「1/2程度」と言われています。参考程度に考えてみましょう。なお、結婚祝いを頂いていない方に高額な贈り物をするのは避けた方が良いです。あまり高額なものを渡してしまうと、相手が戸惑ってしまい申し訳ない気持ちになるので、負担にならない程度なものが良いです。

使用するのしについて

結婚内祝いののしには紅5本、白5本、合わせて10本の水引で固く結ばれて、水引の端が上に向いた「結び切り」を使用するのがマナーになります。この結び切りは一度結んだらほどけないことから、一生の誓いである結婚のお祝いに適しています。また、結婚祝いを贈る際も同様に結び切りを選ぶのが常識となっています。

結婚内祝いに人気のギフト・品物とは?

内祝いで多く贈られている人気のギフトはお菓子となっています。最もポピュラーなものとなっており、貰ったほうも嬉しいでしょう。お菓子を贈る際に注意してほしいことは、賞味期限が極体に短い物は避けましょう。

結婚内祝いに関するよくある質問

結婚式の引き出物は内祝いになりますか?

結婚式では祝儀が結婚祝い出、引き出物が結婚内祝いという扱いになっています。また、引き出物とは別に結婚内祝いとして、何か贈り物をしても特に問題はないので、安心してください。

結婚内祝いを断られてしまった場合は?

親族の人や結婚祝いを頂いていない人は、内祝いを渡そうとすると断るケースが多いです。そのような場合は、無理に渡そうとせずに別の機会に贈り物をすれば問題ないでしょう。また、お礼状だけ渡す方法もあります。

贈ってはいけないものはありますか?

弔事で用いられる「緑茶」や縁を切る「刃物」、踏みつけるという意味合いでの「履物」は昔から祝い事では贈らないと言われています。ですが、地域や環境によって、独自の習慣などがあるので、一概に言い切れません。もし気になる場合は、地域の風習などを調べてみると良いでしょう。

喪中の方に内祝いを贈っても大丈夫ですか?

内祝いはいただいた結婚祝いのお返しとなっているので、基本的に贈っても問題ありません。ですが、お葬式の直後や四十九日を過ぎるまで控えるのが良いでしょう。また、表書きに「内祝」と書くのが気になる場合は、「御礼」でも大丈夫です。

値段が分からない内祝いのお返し予算はどうすればいい?

金額が不明な品物や、比較的リーズナブルなお祝いのお返しに悩む方も多いです。この場合だと、日持ちのするスイーツやタオルなどの定番アイテムにお礼の手紙を添えて贈るなどをして、感謝の気持ちを伝えると良いですよ。

手渡すなら「直接」が1番

男女

誰が相手であろうと、プレゼントを贈るときはやはり直接手渡した方が好感度が高まります。最近ではギフトショップの通販サイトを選び、そこから相手先の住所に贈る人も増えているもの・・遠方に住んでいるときには便利なものですが、身近にいるなら足を運ぶ時間も贈り物になりますよ。

READ MORE
広告募集中